ETC車載器あれこれ情報局
高速道路の割引で一気に注目されたETC車載器についてあれこれ情報を集めました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ETC車載器の在庫ありの店舗がない?!
ETC車載器の在庫ありの店舗が少なく、高速道路が安くなってもゴールデンウィークまでにETCの取り付けが間に合わない?!と心配しているかたも多くいます!

こんなにETC車載器の在庫ありの店舗がなくなるとは予想もしませんでしたよね。
それだけ、今回の高速道路1000円の制度、助成金は経済効果があるのではないでしょうか。

イエローハットやオートバックスでもETCの在庫がきれているようなので、通販でさがすのもいいでしょう♪


>>ETCの通販はコチラ


スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

ETC車載器の種類
ETC車載器には大きくわけて3つのタイプがあります。2ピースタイプは、ETC情報の処理機能部やETCカード挿入部などの本体とアンテナを1つに収めたタイプで、ダッシュボード上の無線通信の支障とならない場所に取り付けます。 3ピースタイプは、本体からアンテナが分離されたタイプです。ダッシュボード上には小型アンテナだけを取り付け、本体はETCカードの着脱に支障がなければ、車内のどこでも自由に設置することができます。 ビルトインタイプはその名の通りクルマと一体化したタイプで、自動車メーカーから発売されています。アンテナがルームミラーに組み込まれているものや、本体をセンターパネルに設置するものなど、各メーカーで様々なものがあります。ビルトインタイプにも、2ピースタイプと3ピースタイプがあります。
イエローハットでもオートバックスでもETC車載器の在庫ありの店舗が減っています。
もう少し様子をみるか、通販で探して自分でetcのセットアップをしたほうがいいかもしれませんね。



ETC車載器搭載車の主な割引制度
ETC車載器搭載車の割引は、今回新たに実施が開始されて話題となっている休日特別割引と呼ばれる首都圏を除く料金を最大50%OFFまたは上限1000円とするというものの他にも数多く実施されています。これらは、各地方を走る高速道路ごとに実施されていて、若干の違いはあるもののどこも大抵実施しているのが、新たに加わった休日特別割引のほか、平日昼間割引や通勤割引をはじめ、早朝夜間割引や深夜割引といったものが、以前からETC車載器を搭載した車を対象に実施されていたものです。今回全国的にかなり話題になったので、この機会にとETC車載器を搭載する車が増えています。今後もこうした割引制度を増やすことで、ETC車載器の搭載を促す狙いがうかがえます。
ETC車載器の増加
ETC車載器を取り付けた車が3月末までの助成金の効果もあり、4月2日時点で四輪車82万3,666台、二輪車(Aバイク)は1万7,395台の申し込みがあったとのこと。道路特定財源の一般財源化により、その分を使おうという国土交通省の思惑も感じられるが、ETC車載器購入者による消費活性効果も狙いかもしれないが、同じ税を払う者としてETC車載器搭載者だけが割引というのもいささか不満が残るところ。とはいえ、何はともあれ利用者が喜ぶ政策の実施は今後もどんどんして欲しいものです。でも、そんなにETCETCというのなら、車を持つ各家庭に1台ETC車載器を配布すればどうか、なんて思ってしまいます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。